花見川の住宅2 耐震改修と断熱補強

花見川の住宅2 金物補強「花見川の住宅2」(リフォーム)の現場。

この住宅は築30年超で断熱性能も耐震性能も現在の基準より低いので、使い勝手を良くするための間取り変更と併せて、内壁をはがし耐震改修と断熱補強も行うことにしました。

耐震改修に関しては新規に設置する筋違はもちろん既存の筋違にも当時は使用されていなかった筋違金物を設置、土台と柱、柱と梁も構造金物で補強しました。

断熱補強に関しては断熱材は高性能グラスウールを採用することにしました。断熱材の種類はグラスウール、ポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム、羊毛、紙など種類、工法、それぞれ長所短所があり悩みますが、性能とコストのバランスを考えグラスウール(写真右手に見えている白いもの)に落ち着きました。
グラスウールは施工により性能が不足する場合があるのが難点ですが、我々設計者が監理し技術をもった工務店さんがきちんと施工すれば充分な性能を発揮する材料です。

花見川の住宅2 金物補強南面外観です。もとは写真右側の袖壁いっぱいまでの大きな開口部(窓)でしたが、使い勝手と耐震性を考えて今回の工事で一部耐力壁を設けました。

新規の窓は断熱性能をみたしたペアガラスサッシにし、既存と窓の内側には断熱補強のための内窓(インプラス)を追加設置します。

断熱は見えにくい部分で地味な部分ですが、快適な居住環境をつくるためには、見た目の美しさ以上に大切にしたい内容です。こういうことは体験してみないとその効果や快適さがわかりにくいところです。

私達の元同僚の廣谷純子さん(みっつデザイン研究所)がかかわっている、子供たちに快適な居住環境とは何かを体験的につたえる「こどものためのオープンハウス」の活動はとても共感できます。

花見川の住宅2 解体

花見川の住宅2 解体「花見川の住宅2」(リフォーム)の現場。

内壁と天井を解体した段階で、壁内の柱、梁、土台といった構造材の劣化状態、筋違の設置状況、それぞれの接合部の状態を確認しました。
既存の壁、柱、鴨居の一部はそのまま残して利用します。

花見川の住宅2 工程打合せ

花見川の住宅2「花見川の住宅2」(リフォーム) の現場が始まります。

工事に先立って工程 (工事の進め方とそのスケジュール) 打合せです。
住みながらリフォームということもあり、負担を少なくするためにはなるべく短い期間で工事を完了させたいので、監督さんがかなり緻密な工程を組んでくれました。

花見川の住宅2 工程表また解体後にすぐにサッシ搬入となるため、サッシ屋さんと種類、品番、色、金物などを検討し発注の確認をしました。

今後もリポートして行きます。

ASJ世田谷 建築家展に参加しました

ASJ世田谷建築家展6/9(土)、6/10(日)、ASJ世田谷の第11回建築家展に参加しました。

土曜日はあいにくの雨でしたが、両日たくさんのご来場ありがとうございました。いろいろな方とお話できてとても良い刺激になりました。
関係者の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。