OZONE メンバーズワークス

リビングデザインセンターOZONE主催のメンバーズワークス「暖かな住まい」に世田谷の住宅が展示されています。

新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE 7F
2012/9/27(木)~12/11(火)10:30~19:00(水曜休館)

 

世田谷の住宅の紹介

居間です。サッシを木製ペアガラスとしたため、アルミサッシと比べ枠からの冷えを防ぎます。暖房は床暖房を採用。

床暖房は高い天井をもつ大空間の暖房に向いています。

 

一階の土間使いの仕事場。

輻射式の手前にみえる白い縦格子の壁が輻射暖房システムです。

玄関からの目隠しを兼ねています。

 

洗面とトイレの間の目隠し兼洗面脱衣室の暖房にも 輻射暖房システム。

ゆるやかな間仕切りで都心の小さめの住宅でもひろがりのあるのびやかな水回りを得る事ができました。

 

 

 

歩きはじめ

次女が1歳と2か月半ばで歩きはじめました。長女の時は素直に歩くと嬉しかったのが次女だと長く赤ちゃんでいてほしい気持ちから嬉しくもさびしい・・・。ロボットのように歩く姿はいまだけですね。

そろそろ在宅ワークにも限界が。世田谷区では25年度4月入園保育園募集がはじまりました。無事入れますように!

花見川の住宅2 浴室タイル下地

浴室はユニットバスではなく在来工法にしました。

FRP防水をしたあとにモルタルでタイル下地をつくったところです。

窓は既存をそのまま使っています。

大工さんFRP防水の下地をつくり防水屋さんが防水を施工し、タイル屋さんがモルタル下地をつくり、タイルを張るまでの間も手間がかかっています。

花見川の住宅2 2期工事

 

既存のキッチン機能も引越ししましたので、今度は新しい浴室を旧台所につくります。

今度も内壁をはがし構造補強+断熱工事をします。

床下も断熱材を入れるためと、新規浴室の基礎をつくるため古い床は撤去しました。

間取りを変更しない部屋についても外部に接する壁は構造補強+断熱材入れをしました。

花見川の住宅2 一期工事完了

既存は和室の続き間を居間食堂キッチンへと変更する 一期工事が完了しました。

住みながらの工事なのですぐに今までの居間と台所の解体に取り掛かるためすぐに引っ越ししました。

 

 

 

古い柱と新しい木の建具やキッチンとアンティークの家具が合うように木部は浸透性の飴色かかった茶色に塗装しました。

 

大部分の木部は自然塗料(リボス カルテッド)にしたところ、工事中の塗装のいやな匂いがしないところがとてもよかったです。一方耐水性能を強化したかったキッチンカウンターは一般塗料にしたところ当日は匂いがきつく住みながらだと少しつらかったそうです。

 

 

花見川の住宅2 キッチン搬入

奥の低い壁の奥に造り付けのキッチンが搬入されました。

この住宅では、みんなが集う居間から孤立はせず、オープンすぎないキッチンにしました。空間はつながっていても作業面は居間から見えません。

 

今回のキッチンを含め深澤設計では住まい手の希望や使い方をヒアリングしてキッチンの図面を作成し、家具屋さんにつくってもらう事が多いです。

 

 

おもな一期工事の居間エリアには、もう大工さんの仕事はないので、大工さんは玄関エリアの解体、構造補強に入っています。