古建具のお引越し

まるがやつ蔵では風呂小屋を増築中ですが、「新しい小屋には古い建具を使おう」と中村さん。「桜花園葉山」へ古建具を見立ててもらいに行きました。お店には所狭しと、解体された古民家などから集められた古材や古建具、古道具などが沢山ならんでいます。古建具は大きさや種類がラベリングされていて、定員さんにサイズ用途欲しいデザインなどを伝えると数ある中から、次々とお勧めを見せてくれます。私がもし一人で選んでいたら、きっと、これ!というものを決められず迷ってしまうところですが、中村さんはささっと風呂小屋に合う建具を決めてくれました。

「桜花園 葉山」の入口の佇まい。しっとりとした雰囲気の木のトンネル道を抜けると古建具などが並ぶお店へ。
選んだ古建具をまるがやつ蔵へ運び、大工さん建具屋さんとこれらの建具を納める枠の打合せを行いました。
アウトドアリビング(テラス)には 七輪キッチンをしつらえました。

小さな上棟

まるがやつ蔵へ風呂小屋建て方に立ち会ってきました。構造材は地場材で、大工さんの刻みによる小さな小屋です。手運びで脚立による足場だけで可愛い小屋が上棟しました。

多喜にあるまるがやつ蔵まで電車で行きました。外房線大原駅でいすみ鉄道へ乗換て、鉄道の旅です。のどかな風景の中を走るいすみ鉄道の旅もおすすめです。

大原駅では乗換時間がかなりありますので、早めのお昼ご飯を駅前の定食屋さん「ふじや」にて。創業昭和元年。キスフライ定食はなかなかおいしく、他のお客さんが食べていたアジのなめろう定食も今度試したいです。