西側外観
【写真1】南東側外観

3方向道路

 敷地は立川駅からほど近い住宅地の中にあります。 3方向が道路に囲まれ、その道路全てが二項道路(現況道路幅員が4mに満たないため敷地側にセットバックが必要)、コーナー部分には2mの隅切が必要、という厳しい道路条件でした【写真1,2】。
 駐車スペースを確保した上でゆったりとした居間を確保することや周辺環境を考慮し、1階に浴室や洗面室などの水回りと寝室を配し、2階に居間とキッチン、個室を、その上部に階段室を介して小さな屋上スペースを設けました。

【写真2】北東側外観.3方向を道路に囲まれた敷地.
西側外観
【写真3】検討模型
西側外観
【写真4】リビングの検討模型

玄関

 玄関には下足入、傘掛け、ポスト、認印など小物を入れるひきだし、コート掛けを壁面にまとめてつくりました【写真5,6】。
 玄関出入口からリビングまで間仕切戸が無いので玄関上框(あがりがまち)部分に外気の侵入を和らげるための収納引戸を設けています【写真7~11】。

【写真5】下足入.
【写真6】下足入内部.
【写真7】通常の玄関.
【写真8】収納引戸を閉めた状態.
【写真9】玄関引戸を開けた状態.
【写真10】玄関引戸を閉めた状態.
【写真11】収納引戸を閉めた状態.
西側外観
【写真12】リビング.階段にそって造り付けたオープンな収納棚.

リビング

西側外観
【写真13】奥行の深いベランダ.

 2階の居間は天井高さを大きく確保し、その高さを利用してコレクションのレコードを収納するための棚を製作しました。棚の間には開口を設け、棚裏の階段北側からのやわらかな光を居間に採り入れています。 面積バランスを考慮し各室にはなるべく家具を置かず造り付けの家具や収納を設けスッキリとした生活スペースを確保することを目指しました。これによりコンパクトながら広がりを感じることができる豊かな住まいが得られました【写真1,2】。


【写真14】天井高さは斜線にそって最低1,850mm~最高3,950mm.

 階段は片方を鉄骨で支える製作階段です。下の階に少しでも光が入るように蹴込部分のないオープンな階段にしました。リビング側の収納棚も同様に一部の背板をつくらずにオープンにしています。

 階段の踏面はサイザル麻を敷きました。
 2階から屋上への階段上部には階段にそってハンガーパイプを設置し室内干しの際に利用します。階段は屋上の窓を開けると風の通り道になります【写真15,16】。

西側外観
【写真15】階段.踏面はサイザル麻敷き.
西側外観
【写真16】屋上への階段にはハンガーパイプ.
西側外観
【写真17】柱と同材のカバー.
西側外観
【写真18】上部棚への配線ルート.

 テレビやパソコンの周辺には電気配線が露出しがちです。完全に見えなくすることは難しいですが、できるだけ目立たなくしたい箇所です。テレビ台の下にはオーディオ機器があり上部棚にスピーカーがあります。柱と同材のカバーをつくりスピーカーのための配線を隠ぺいしました【写真17,18】。
 パソコンカウンター下にアダプター等を収納できるコンセント棚を設け、カウンター配線孔を通して机上のパソコンに接続します【写真19,20】。 

西側外観
【写真19】カウンター下コンセント
西側外観
【写真20】カウンター配線孔

家具製作のキッチン

 キッチンはシンクコンロカウンターとバックカウンターを製作しました。シンク前の立上り壁に小さな調理器具を収納する棚も設けました【写真23】。

西側外観
【写真21】キッチン
西側外観
【写真22】キッチンバックカウンター
西側外観
【写真23】シンクとガスコンロ
【写真24】寝室.収納されている建具を使って2室に分割できます.

可変性のあるプラン

 寝室と個室は通常はそれぞれ1室として利用しますが、必要に応じて2室に分割することができます。
 それぞれ押入れ内部に引戸を収納してあります【写真24~28】。


【写真25】通常の寝室
【写真26】建具を引き出した状態
【写真27】通常の個室
【写真28】建具を出した状態

洗面室 浴室

 洗面カウンターは間口2,500mmとゆったりと確保しました。カウンター前には三面鏡になる収納扉を設けました。
 洗面、浴室、トイレには一部モザイクタイルを貼り、洗面床にはサイザル麻を敷きました【写真29~31】。

【写真29】西側外観
【写真30】西側外観
【写真31】西側外観